年末特別企画 初めての手打ちそば



何となく、こうなるかな、という予感はしていた。
手打ちうどんの次は、手打ちそばだろう、って。
「宇和島屋」でそば粉を見つけてしまい、何も考えずに買ってしまった。
そばの打ち方なんて、さっぱり分からないくせに。
でも、自分で打ったそばで年を越すのも悪くないかな、なんて思ったりもして。
打ち方はテキトーにウェブで検索したものを参考に、テキトーに作ってみた。

そば粉が300g入りだったので、何割そばにしようかな、最初から二八そばは難しいかなあ、などと考え、小麦粉(Better for Bread)は100gにした。

で、捏ねて、

こねこね


伸ばして、

のびのび


切ってみた。

きりきり


作業中、台所にそばのかおりが広がる。
こりゃええわ。
生地はうどんとは随分手触りが違って、ボソボソッとした感じ。
うどんのような弾力がない分、伸ばすのはラク。
でも切るのはうどんより細くしないといけないので、ちょっと難しかった。

茹で時間は5分くらいだったか、テキトーに。

茹でてます...


そして茹で上がり。

どう?


テキトーに作っておいたつゆで食べてみる。













ん?













そばって、こういうもの、だったっけ?
うどんと比べると、何か、モソモソッとした食感。
腰がないので、切れやすい。
でも、そばの味がしっかりしていて、決して悪くはない。
そういえば、昔、田舎で食べたそばは、こんな感じだったような気がする。
やっぱり、そばって、こういうものだったんだろう。













お、そば湯は期待どおり。
まあそりゃそうか。













やっぱり何かすっきりしないので、念のためもう一度、今度はかけで食べてみることにした。

ねぎと天かすくらい入れとこか


うん、やっぱり、これは十分そばよ。
さっきピンと来なかったのは、ここしばらくうどんばっかり食べてたからかな。
まあ、そういうことにしておこうっと。

home of yu's ballparks